不動産の雑学

不動産を売却した時の領収書に印紙が必要な人、不要な人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産売買の時、売主が買主へ渡す売却代金の領収証には、印紙を貼る必要があるのでしょうか?

答えは、売却した不動産が「営業に関している場合には必要」で、「営業に関していない場合には不要」ということになります。

例えば、、、

個人が売主の場合

不動産名義が個人で、且つ自宅などのマイホームやセカンドハウスなど、自ら住む為の物件で「非営利」な場合は、売却代金の領収証に印紙は不要となります。

ところが、不動産が個人名義だとしても、賃貸用の駐車場やアパートなどを売却した時は「営利」となるので印紙は必要です。

ちなみに、個人が畑などの農地を売却した時は、農作物を売却して生計を立てていれば「営利」となり、農地の規模が家庭菜園レベルで自己消費する分だけを栽培していたなら「非営利」となります。

農地は個人名義が多く、生産緑地の2022年問題が近づいてきたことから疑問に思う人も多いかも知れませんが、農地として貸したり、農作物を販売している場合には「営利」となるので、領収証に印紙が必要となりますので、注意しましょう。

法人が売主の場合

不動産の所有名義が法人である場合には、居住用の家や倉庫、従業員用の駐車場であれ「営利」と見なされるので、領収証に印紙は必要です。

その際に気を付けたいのが「領収した金額の表示方法」です。

印紙税は領収書(いわゆる課税文書)に「記載された金額」によって印紙税額が変わります。

例えば、領収書の金額が

10,800万円(税込)

又は

10,800万円(消費税8%含む)

という場合には、印紙は4万円となります。

ところが、表示方法を

10,800万円(うち、消費税800万円を含む)

とすれば、印紙は2万円ですみますので、印紙税額が変わるボーダーライン(この試算は、平成30年2月現在)での売買価格の時には注意しましょう。

印紙のボーダーラインはこちら↓
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/inshi/7140.htm

ちなみに、売却する不動産が青空駐車場の土地や農地の場合に「土地は非課税」と聞かれたことがあるかも知れませんが、それは「消費税」が不要ということであって、印紙が不要とはなりませんので勘違いしないように注意しましょう。

領収証に印紙が必要かどうかは、売却する物件が「営業用」なのか「営業用ではない」のかが、判断基準となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

反響を獲るチラシのテンプレート

あなたが売り物件の媒介を獲ったとき、買主を直接見つけて両手仲介したいと思いませんか?


又は、買取り再販する時、業者に任せず自社で早く買主を見つけたいと思いませんか?


今や不動産もネット集客が主流。


しかし、ネットであなたの物件を買主に見つけてもらうには、複数のポータルサイトに掲載したり、料金を追加して上位表示させるなど案外とコストや手間がかかるうえ、自分で検索をかけて物件を探している「今すぐ客」しか狙えません。


この「今すぐ客」を狙うのは、超激戦。


しかも反響を獲得しても売買は賃貸と違って営業マンの魅力よりも「物件ありき」なので他社に流れる可能性が非常に高いもの。


それに対し、従来から不動産広告の王道といわれてきた宅配チラシ。宅配チラシは、自分ではネット検索していないけど、近い将来には必要性を感じている「見込み客」にアプローチをかけることで、あなたの物件に対して興味を抱く人を引き付けることができます。


反響が取れるチラシなら、見込み客本人ではなく、その家族の目にも留まり「これ、いいんじゃない?」などと情報を伝達してもらえることも多々あり、何より、競合がない状況からフォローを始めることができます。


つまり、あなたもこのテンプレートで、簡単に見込み客を集めることができるようになります。


詳しくはこちら

コメントを残す

Or

*

CAPTCHA